• Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
PAGE TOP
Department Course
DIGITAL COURSE
歯科技工士科Ⅰ部

デジタル技工
コース

昼間部 2年制
デジタル技工コース

CAD/CAMシステムを学び、
これからの歯科技工業界で求められる人材になる

デジタルの力で、速く、正確に、患者さんにピッタリの歯を設計する技術を習得。デジタル化が進む歯科業界において、現場で活躍できる最先端の技術と知識を身に付けます。

CAD/CAMシステムを学び、
これからの歯科技工業界で
求められる人材になる

デジタルの力で、速く、正確に、患者さんにピッタリの歯を設計する技術を習得。デジタル化が進む歯科業界において、現場で活躍できる最先端の技術と知識を身に付けます。

学びのKEYPOINT

ポイント1
最新のCAD/CAMシステムを導入
学内で使用する設計用ソフトは臨床現場と同じ。企業の協力の下、様々な機器に触れる機会もあります。
最新のCAD/CAMシステムを導入
ポイント2
自分の歯型をデータ化し、理解を深める
衛生士学校との実習で自分の歯型を採ってもらい、それを教材にして学ぶので、理解が深まり知識が定着します。
ポイント3
基礎から最新まで幅広いデジタルスキルを習得
パソコン操作に自信のない方でも、パソコンの基礎知識から学べるので安心。パワーポイントでのプレゼン練習の授業も実施。幅広い分野で活躍できる力が身に付きます。

カリキュラム

時間割[1年後期・週5日制]

CHECK
MON TUE WED THU FRI
1 歯科技工実習 有床義歯技工学 矯正歯科技工学 歯科理工学 歯の解剖学
2 有床義歯技工学 有床義歯技工学 有床義歯技工学 有床義歯技工学 歯科理工学
3 歯冠修復技工学 コース別授業 外国語(英語) 有床義歯技工学
4 有床義歯技工学 コース別授業 歯の解剖学 ホームルーム

1限/9:00〜10:30  2限/10:45〜12:15
3限/13:15〜14:45  4限/15:00〜16:30
※カリキュラム・時間割は変更になることがあります。

特徴

日常的に機材に触れ、
デジタル技術をマスターします。

機材を繰り返し使用できる環境なので、慣れるように技術が習得できます。
デジタル技工コースの特徴
機材を繰り返し使用できる環境なので、慣れるように技術が習得できます。
ポーセレンフレームの設計

ポーセレンフレームの設計

「瀬戸物の白い歯」を作る土台となる金属部分の形を設計する授業です。
金属床フレームの設計

金属床フレームの設計

「金属の入れ歯」の金属部分の形を設計する授業です。

高度なデジタル技術をマスター。
日常的に機材に触れ、慣れるように技術を習得できます。

  • 1.スキャニング

    1.スキャニング

    型取りしたものをスキャニングします 。輪郭を描くように、データ化されます。
  • 2.データ修正

    2.データ修正

    歯の構造を理解し、左右、上下の歯と同じように機能するようにデザインします。
  • 3.削り出し【CAM】

    3.削り出し【CAM】

    レジン、ワックス、ジルコニアなど、色々な素材を削り出します。
  • 4.調整

    4.調整

    機械で削り出したものを、噛み合わせや、医師の要望などに合わせ、もう一度確認し、調整します。
MESSAGE 教員の声 川口 恵

最新の技術を身につけ、
自分の可能性を見つけて

デジタル化により歯科技工士の作業は効率化されますが、人にしかできないことは残ります。「デジタル×手作業」の時代に、自分の技術はどう活かせるのか、その答えを見つけるのがデジタル技工だと思います。

デジタル技工コース 専任教員
川口 恵

MESSAGE 就職内定者の声田中さん
内定先
嶋野歯科医院

デジタルの良さを活かした技術を
これからの臨床現場で磨いていきたい

最新機器を触ってみたくてデジタル技 とデジタルを比較できてとっても良かったです。デジタルは、他の作業と同時進行ができるし、ミスがあってもボタン一つで戻れるのが良いですね。就職先ではさらに技術を磨いて、デジタルを用いたインプラント技工に挑戦してみたいです。

歯科技工士科Ⅰ部
デジタル技工コース 田中 さん

教員紹介

歯科技工士の仕事のやりがいについて

  • 小島 三知長
  • 冨野 浩子
  • 君塚 友見
  • 川口 恵
  • 中台 祐介
  • 鵜飼 芳行
  • 清水 典子
  • 馬場 知子
  • 若林 誠
  • 田村 睦

他にも、たくさんの先生が皆さんをサポートします!

オープンキャンパス
ACCESS
資料請求