• Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • YouTube
PAGE TOP
歯科技工士対談

TALK

歯科技工士対談

歯科技工士 Dental Technician × Sports スポーツ

スポーツマウスガードで
アスリートのスイッチON!

激しいボディコンタクトを伴うスポーツにおいて選手は常にケガと隣合わせ。
そんな選手たちの歯や頭部を守ってくれるのがスポーツマウスガードです。
今回は自分にぴったりフィットする「カスタムメイドマウスガード」を作ることになった
社会人アメフトチーム富士通フロンティアーズ所属の中村輝晃クラーク選手と、
認定マウスガードテクニカルインストラクターの資格を持つ歯科技工士の君塚友見さんが、
“使う立場”と“作る立場”からの目線で対談を行いました。

激しいプレーで観客を魅了する中村輝晃クラーク選手を歯科技工士の立場からサポートしたい

——君塚 友見さん

君塚 友見さん 中村輝晃クラーク選手
君塚
クラーク選手のWR(ワイドレシーバー)とはどんなポジションですか?
中村ク
簡単に言うと、攻撃の司令塔であるQB(クォーターバック)からパスをキャッチし、相手チームのディフェンスを振り切りながら走って陣地を獲得していくのがWRです。
君塚
ということは、パスを受ける瞬間や相手チームからのタックルなど、体へのダメージは大きいですね。歯が折れたりしたことはありますか?
中村ク
アメフトではマウスガードの着用が必須なので、今までに歯が折れたことはありません。どちらかというと問題になるのは脳震盪なんです。タックルを受けたり激しく転倒すると脳が揺れて、ひどい場合は後遺症が残ることもあります。マウスガードを装着すると頭部が安定するので脳震盪の予防にも役立っています。
君塚
ところでアメフト選手の皆さんは、どのようにマウスガードを入手していますか?
中村ク
白と透明以外の色ということと、上の歯を全て覆うという以外は特に決まりが無いので、歯科医院で作ってもらう選手もいれば、市販されているものを自分で調整して使っている選手もいます。
君塚 友見さん 中村輝晃クラーク選手

私が安全にプレーできるのは、マウスガードを作ってくれた歯科技工士のおかげです。

——中村輝晃クラーク選手

中村輝晃クラーク選手
君塚
今回作ったマウスガードをつけてみて、どうですか?
中村ク
違和感が少なくていいですね。僕は歯型を採られたところまでしか見ていないので、その後、これがどんなふうに作られたのか興味が湧きますね。
君塚
これはマウスガード用のシートに大きな圧力をかけながらクラーク選手の歯型にプレスしているので、細部までぴったり合ってフィット感がすごくいいんですよ。噛み合せも顎の動きを邪魔しないように考慮しながら作っています。
中村ク
マウスガードは上の歯につけるので、密着していないと外れて落ちてきそうで気になりますが、これならプレーに集中できそうです。
君塚
マウスガードを装着すると物理的に守られるというだけでなく、歯が折れたり脳震盪を起こすのではないかという心理的なストレスから開放されて、より積極的なプレーができるようになるのだと思います。クラーク選手のさらなる活躍を応援しています!
中村輝晃クラーク選手
GO!GO!FRONTIERS!アメリカンフットボールを観に行こう! GO!GO!FRONTIERS!アメリカンフットボールを観に行こう!

知力・体力・チームワークで成り立つ究極のスポーツ「アメフト」

19世紀後半にアメリカで生まれたアメリカンフットボール。
その知名度は絶大で、バスケットや野球を凌ぎ最も人気のあるスポーツといわれています。
アメフトは格闘技のような球技といわれるほど激しいコンタクトを伴いますが、
ただ荒々しいだけではなく頭脳も必要とする競技であり、派手さと頭脳戦の両方楽しむことができます。
皆さんもぜひスタジアムでフロンティアーズを体感してください!

富士通フロンティアーズ 富士通フロンティアーズ
スポーツマウスガードの世界 スポーツマウスガードの世界 「歯のおしゃれ」をはじめよう!

歯科医院でオーダーメイドで製作するスポーツマウスガードは、
正式にはカスタムメイドマウスガードといいます。
スポーツ用品店などで手に入る既製品と比べて何が優れているのか、
認定マウスガードテクニカルインストラクターの資格を持つ歯科技工士の君塚さんにくわしく聞いてみました。

POINT POINT
日本スポーツ歯科医学会認定マウスガードテクニカルインストラクターとは? 日本スポーツ歯科医学会認定マウスガードテクニカルインストラクターとは?
Massage

from スポーツ デンティスト

歯科医師とともに歯学の分野からスポーツ界に貢献

現在スポーツ界では歯学の役割が明確化され「認定マウスガードテクニカルインストラクター」として、歯科技工士が活躍しています。これはスポーツ選手の歯を守るため、歯科医師とともにマウスガードを製作できる資格です。歯学への注目は高まり、今後活躍の場はさらに広がると考えています。
関根陽平先生

歯科医師

関根 陽平先生

  • スポーツデンティスト
  • アスレティックトレーナー
  • 医学博士
  • 歯学博士
  • 歯科医師
  • 鍼灸師
  • オンワードスカイラークスチームデンティスト/前アスレティックトレーナー
  • 新東京歯科技工士学校/新東京歯科衛生士学校スーパーバイザー
歯科技工士対談一覧に戻る
オープンキャンパス
ACCESS
資料請求