• Instagram
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
PAGE TOP
コラム

COLUMN

コラム

CADオペレーターには資格が必要?

CADオペレーターには資格が必要?

近年注目を集めている人気職種「CADオペレーター」。興味はあるものの、知識がないから・・・、難しそうだから・・・、と諦めている方も少なくありません。
また、CADオペレーターについて学んだものの、どのように活かせばいいのかわからない方も多いです。
そこで、今回はCADオペレーターにおける資格の必要性や、活かし方などについて詳しくご紹介します。

CADオペレーターには資格が必要?

CADオペレーターには資格が必要?

結論からいうと、実はCADオペレーターには資格が必要ありません。
CADオペレーターとは、CAD図面を設計したり、3Dデータをコンピューター上で編集したりする仕事です。コンピューターや、図面の設計の知識・技術などが求められる仕事といえるでしょう。
経験や知識、技術があれば、資格がなくてもCADオペレーターになることができますし、未経験・初心者であっても、現場で働きながら覚えていくという選択肢もあります。
とはいえ、資格の勉強を通してCADの基礎を学んだり、応用技術を学んだりできるのは事実です。まったく経験のないままCADオペレーターとして現場に出ると、専門用語の多さに戸惑ったり、そもそもどのように設計すればわからずに悩んだりする可能性もあります。

CADオペレーターに関する資格

CADオペレーターに関する資格

CADオペレーターの関連資格は、意外にも種類が多いうえに、学べる範囲も資格ごとにさまざまです。
CADオペレーターに関する資格として、主な種類は以下の通りです。

【CAD利用技術者試験】

CAD関連の資格でもっともメジャーな資格です。トレースや建築など試験が複数に分かれているので、必要な種類を選んで受験できます。

【建築CAD検定試験】

日本初の建築系CADの検定試験です。準1級~4級まであります。おもに、建築図面を描く際のスキルを測ります。

【オートデスク認定資格プログラム】

製図業務がメインのCADオペレーターになる方へおすすめの資格です。基本的な知識のほか、製図に関するスキルが必要です。

【Vectorworks操作技能ベーシック認定試験】

建築設計や住宅、インテリアなどで活用できる「Vectorworks」の操作に関する資格です。主催はソフト販売社であるエーアンドエー株式会社です。

【CADトレース技能審査】

CADでのトレーススキルを測る資格です。ただし、平成29年度の試験をもって終了しているので、新しく取得できません。

 

上記は、CADオペレーターとして必要な基礎知識はもちろんのこと、技術も身につけていることを証明できる資格です。
CADオペレーターと聞くと、建築や製造の分野などで活躍するイメージがありますが、実際は、ほかにも活躍できる場はたくさんあります。
CAD関連の資格取得は、そうした活躍の場を広げるための選択肢であるといえるでしょう。

歯科技工士の仕事にもCADオペレーターのスキルが活かせる!

歯科技工士の仕事にもCADオペレーターのスキルが活かせる!

あまり知られていませんが、CADオペレーターのスキルは歯科技工士の仕事においても活用できます。
現在、歯科業界全体がデジタル化を推進しているので、CADオペレーターの需要が高まっているのです。

歯科技工士の仕事は、おもに「歯のデザイン」であり、CADを活用できればコンピューター上で歯を設計することができます。
自分のデザインした歯が誰かの口内の健康に役立っているので、とてもやりがいのある仕事ですが、歯をつくる歯科技工士の仕事は、専門的な知識・技術が必要となるため、国家資格の取得が必須です。ただし、歯科技工士の養成施設に入学すると、最短2年で取得することができるでの、社会人経験を経て入学する方も多いのが特徴です。
せっかく働くならやりがいのある仕事を選びたい、と考えている方にも満足度の高い選択になるでしょう。

新東京歯科技工士学校ではデジタルの授業が充実

新東京歯科技工士学校ではデジタルの授業が充実

新東京歯科技工士学校では、歯科技工士として必要な知識・技術を身につけるだけではなく、CADオペレーターとして活躍するためのデジタルに特化した授業も充実しています。
特に、3DCG・CADデザイナー専攻では、パソコンの基本的な操作から、専門性の高い内容まで幅広く学ぶことが可能です。
手で作るだけではなく、デジタル技術も駆使できる人材になれるので、将来性を手に入れたい方にもおすすめできます。
ちなみに、新東京歯科技工士学校は、基本~専門的な分野まで学べ、さらに、国家資格の取得率は96.3%、就職率は100%と高い水準です。
学んで終わりではなく、学んだ“その後”にも目を向けられる学校として、学生をサポートしています。

これからのCADオペレーター

これからのCADオペレーター

まだまだ歯科技工士業界では、CADオペレーターが足りていない状況です。
実際、歯科技工士業界では、CADオペレーターになれる人材を対象に多くの求人が出ていますが、それにこたえられる人材は不十分です。
つまり、CADオペレーターとしての活躍を目指すのであれば、今がねらい目でもあります。
また、歯科技工士は国家資格でもあるので、CADオペレーターのスキルと合わせれば、安定した収入の獲得にもつながるでしょう。
新たにチャレンジしたい方、もっと安定した仕事に就きたい方は、ぜひ歯科技工士×CADオペレーターの道を検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

CADオペレーターといえば、建築業界のイメージが強いですが、実はさまざまな場所で活躍できます。
今回ご紹介した通り、とくに歯科技工士の業界ではCADオペレーターの不足が深刻で、常に多くの求人が出ているような状態でもあります。
これからの進路に悩んでいる方、現在の仕事に満足できていない方などは、新たなチャレンジとして、ぜひ歯科技工士×CADオペレーターの道も視野に入れてみてください。

その他のコラム記事
コラム一覧に戻る
オープンキャンパス
ACCESS
資料請求
LINE